狭山市駅人妻新聞記者

  • 投稿者 : ☆ブラックルシアン☆
  • 2014年2月2日 10:43 AM

三十分の間零。に、人妻マニアはほとんど生のアルコールを、ボトル半分ほど身体に入れていた。狭山市駅 人妻の悪意を秘めた赤いあかりが、やつの眼にちらちらしはじめた。「なぜ俺がきみに何年も会わなかったのか、そのわけがわかったよ。映画館の看板と、本の表紙ばかり見てたんだ。思いもよらなかったな、まったく」・彼はそっと歌った。「こんな、昔どおりの懐かしい場所で、きみに会うなんて」「少なくとも、ぼくは働いている。あんたはどうなんだ」おかわりを求めて、人妻マニアはグラスをついと押し出した。「ハネムIン中なんだ。信じようが信じまいが」「信じない」「天使と結ばれたのさ」とやつは歌った。例えば狭山市駅通には「その娘が、人生のたそがれに包まれた俺をみちびいてくれる。俺は行ないをあらため、清らかになった。不動産もある。階級が変わったんだ」カウンターごしに彼は名刺をよこした。「俺の店」精巧に仕上げた四色刷りのカードだった。ブルーデニムの波の上に、赤いマニキュアの太陽が沈んでいる。その夕陽が、茶色い屋根で葺かれた入江のホテルに残光を投げかけている。「ダグ・人妻マニアズ・リプタイド」伝説はそういった。「おもしろいだる」わたしはカウンターに名刺をすべらせて返した。「ダサい資本家が思いつく。絵に描いたような役立たずの無駄づかいだ。金と結婚したのか」「いや、風俗嬢が望んだ」「恐れていた事態になった。かわいそうな女が血迷ったか」カゥンダーにおいた自分のたばこを無視して、人妻マニアはわたしのポケットからすばやくマルボロを抜き取った。「あの娘に会うまで待ちな」と彼は歌った。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。